ライフステージにあわせる|おすすめの保険相談窓口はネットで確認しよう|口コミで情報を集める

おすすめの保険相談窓口はネットで確認しよう|口コミで情報を集める

スーツを着ている人たち

ライフステージにあわせる

レディ

現状を判断しましょう

30代になると、結婚や出産、転職など様々な転換期にあたる人が多くなります。こうしたことから、従来通りの家計の管理の仕方のままだと、貯金が出来なくなったり不安要素が多くなったりといった問題が発生します。また、20代の時には感じられなかった、老後への不安も徐々に30代は増してくるのです。独身の場合にはそれほど家計に対する意識は低いですが、家庭を持つと家計への関心が高まり、家計診断を利用する人が多くなるのです。家計診断では現状の収支のバランスや今後備えておくべき、貯金や保険なども一緒に考えてくれるものです。30代の場合には収入が増えない割に、教育費が増加してくる世代でもあるため、家計診断でしっかり現状を判断することをおすすめします。

早いうちから備える

ライフステージが変化する30代のうちに家計診断をしっかりと行っておくことによって、これから必要となる子供の養育費や老後までの備えを計画的に行うことが可能になります。30代のうちは老後の貯金というよりは、保険や個人年金などの金融商品などにも目を向けて自身に合う適切な備えを探すことが大切な時期になります。まだまだ時間があると思っていると、教育費がかさむ時期が訪れて、なかなか貯金することが出来なくなってしまうため、家計診断によってしっかりと計画を立てることが大切になります。また、現在貯金ができない家計の場合には、しっかりとその原因究明を行って対策を取る必要があります。ファイナンシャルプランナーに相談することによって、自分では気が付かなかった家計の問題に気が付くことができます。